2015年12月15日火曜日

「草木と手仕事」用の特製本函

草木と手仕事にこんな素敵なことを
してくださった方がいました。

のりかさんからのお手紙です。

+++




尊敬する製本家のシトラスプレスさんの
製本教室に通っている藤巻里香さんが、
「草木と手仕事」用の
特製本函をつくってくださいました。

本を入れるための函(はこ)は、
ルドルフ・シュタイナーが、
人生のある時期で製本と同時に、
制作することの重要性を強調しています。

わたしはそれを知ったとき、
製本と函がセットということに感動しました。

紙の束を綴じて一冊にすることと、それを入れる函。
いかに書物が大切であったか。

製本は、本のものとしての価値と同時に、
そこに書かれた智慧を大切にすることです。

手仕事と智慧が、
幸福に一体化している(マリアージュというのかな)のです。

(もちろん、文字以前の智慧もあるのですが、
それはまたいずれ深めていきたい)。

ともあれ、この本にふさわしい内容を
自分が書けているかははなはだあやしいのですが、
この中に登場する草木たちから教わることはほんとうに多い。

そんな草木たちが登場する本を、
この美しい函に入れます。

世界にはさまざまな思想宗教があるけれど、
本来の智慧というのは、
あまねく、だれにでも戸を開いている。それは愛です。

草木たちを通じて、
その愛に触れられる私たちは・・・幸せです、豊かなのです。

乾いた地域にも育つ草木があるとはいえ、
緑が少ないと、どうしても生きづらい。

雨と緑に恵まれた豊かさと、
乾いた砂漠に生きるものたちの強さが、
共存・・・なんといっていいのか、
ともに補いあって生きることができれば・・・

とりとめもなくなりましたが、
里香さん、ありがとうございます。
おかげで気づきがあります。
(自分用の一冊は和紙で
本を包んでいるので、タイトルがかすんでいます)

緑の葉が色づく季節に。



+++

2015年7月15日水曜日

アマミヤアンナさんがご紹介くださいました

マーマーマガジンをはじめとする本の編集をされている
アマミヤアンナさんが、
ご自身のホームページで、
本のことを紹介してくださいました!



「草木のひみつが詰まった本」というタイトル。
目にするだけで、ぐっときます。

アマミヤさんは、呼吸法のトレーナーとしても活躍されています。
呼吸教室では、甘い声でやさしく導いてくださいますよ~。

レッスン内容やスケジュールなど、詳しいことは
ホームページをご覧くださいね。

呼吸ラボラトリー
http://kokyulaboratory.com/

2015年7月10日金曜日

・紀佳さんのもとに届いた言葉たち  その3



草木の本がだいすきで、毎日ながめています*

汚れてしまうのいやで
丁寧に持ち運んではいるけれど
すでに味がでてきているよ~

さっそく、
蕗の葉でおむすびしたり
桑の葉をパウダーにしてケーキにしたり、
化膿した指をどくだみ生葉でなおしました
(ぐちゅぐちゅの指が二日でなおったよ)

わたしはいまブラウンズフィールドにいるから、
実践がすぐできる環境で、たのしんでいるけど

のりかさんは、
都内で植物と仲良くできる暮らしをちゃんと確保してる

そうゆうことに
すごいなあって毎回思わせてもらっていますの

それと
植物と人ってほんとうに相性がいいなあって。
いつもおもう。

すてきな本との出会いに感謝◯

だいすきなだいすきな友人に、
草木と手仕事の本を一冊、プレゼントしようとおもいます~

きっと一生たいせつにしてくれる~

のりかさん
ありがとう


2015年7月7日火曜日

七夕の日、紀佳さんからメッセージです

☆七夕の日
紀佳さんからメッセージです

- - -



雨、あめ、アメ:::::::
新暦の七夕のころは、ほんとに雨降りくもりですね。

旧暦のころは7/6日の雨を「洗車雨」などといって、
彦星が牛の車を洗っていると風流したらしいですが、
今日くらいだと、ずいぶんぴかぴかになりますね。

何台も洗うのかしら?? 
なんせ一年に一度ですものね〜はりきるわよね〜

車は洗えますが、東京は気温も低くなっているので、
みなさん体調心調、いかがですか。

こういうときは思いきって、電気ストーブを出したり、
背中をあたためたり、レモンタルトを焼いたりします
(オーブンであたたかくなるし、チーズケーキとちがって
すぐに食べられる、すっきりしている)。

さて、
7/8日水曜日と9日木曜日は
宮崎県飫肥市の服部植物研究所に打ち合わせに行きます。
http://hattorilab.org/visit/

こちらは、コケの世界的な研究施設で、
その公開にあたってキュレーターとしてお手伝いしました。

今年は、この研究所の創立者の
服部博士の生誕100年にあたるので、
秋に催し物をする予定です。

8日以降は「草木と手仕事」を販売していただくので、
お近くの方はお立ちよりください。

マニアックな研究所ですが、
古い建物そのままに手を加えて
(リノベーションデザインは猿山修氏)、
ささやかな展示場としています。

こんな雨降り、コケは元気ですね。

「コケモス大地」p36にコケのことを書いています。

もっとコケのことを知りたい方には
写真にある本をおすすめします。

コケの男女関係(?)とか
書いてあっておもしろいですよ。

石田紀佳

2015年7月6日月曜日

《ご感想》 紀佳さんのもとに届いた言葉たち その2

みなさん、それぞれの「草木と手仕事」が
すでに始まっているのだなと感じます。

寄せられた言葉たちに
あたらしい発見をみつけたり。

ものごとは、そうやって共鳴していくのですね。

- - - - -

すばらしい知恵の詰まった、
だじゃれのはいった「草木と手仕事」

石田紀佳さんの本◯
毎日ぺらぺらが日課になっている。

こんなにほっこりさせてくれる読み物って、
ほかにあるのかしら。

手元にずっと置いておきたい。

その人の中に詰まった物の見方、
感性をみえる形にみせてくれるのがすごくすごくしあわせで、
また一つそれぞれに近づけた気がして、うれしいです◯

いっしょに購入した、お友達も、
この本は、だいじにずっともちたいねってはなしています!

(他の本は猫にぼろぼろにされたりするけど、草木と手仕事だけは阻止してる!)

(Y.Mさん)

- - - - -

まだ完読していませんが、
それでもこの本を手にとって良かったな!と
思えるほどです。

実践してみたいことがたくさん!
どうしましょ。

お友だちにもお勧めします♪

(K.Kさん)

- - - - -

春、梅雨、夏、秋、冬が巡って、
いちばん最後のことばにたどりついたとき
背中がぞくり、皮膚がぴりぴり反応しました。

「ずっと知りたかったことは、このことだった」って
言っているみたいに、からだが喜んでいた。

(そういえば、はじめて紀佳さんの言葉にふれたときも
おなじことがおこったな。)

こころのそこから、お勧めの一冊です。

(Y.Cさん)


- - - - -

2015年6月24日水曜日

◯ 試し読み 『草木と手仕事』

“販売店が近くにないので手に取れない”
“通信販売を考えているけれど、もうすこし詳しく知りたい!”
…という声にお答えし、試し読みをご用意しました。

43の植物から、本文とレシピをひとつずつ
期間限定で読んでいただけます。

今回は、梅雨の項より、
ドクダミとビワのページを。

紀佳さんの言葉で
ドクダミの美しさを再発見したり、
ビワの意外な使い方を見つけたり、

はっ!と、ちいさな驚きが
生まれた方も少なくないと思います。

『草木と手仕事』気になっているかたは、
ぜひご一読くださいね。


《ドクダミ》本文。「ドクタードクダミ」


《ビワ》本文。「ビワレット&ビワの葉茶」

- - -

本のご注文・お取り扱いについて

『草木と手仕事』を販売していただけるお店を募集しております。
詳細をお知らせしますので、下記までご連絡ください。

個人の方も、1冊からお送りいたします。

- - -

・宛先 reiko@hisasima.jp(担当:久島玲子)
・件名 「草木と手仕事希望」
・本文 住所、氏名、ご連絡先、ご希望の冊数

- - -

※フィルターをご使用の方は返信メールを受け取れるように設定をお願いします。